マネープラン作成への道①

こんにちわ!

前回、「マネープラン(ライフプラン)とは?」という記事を更新しました。そのなかで、3つのツールについてお話ししてみました。今回は1つめにあげた『ライフプラン表』についてお話ししてみたいと思います!

 

ライフプラン表とは?

 ライフプラン表は簡単にいってしまうと人生の予定表・計画表のようなものを言います。人の一生って100人いたら100通り、いろんなプランがあります。たとえば結婚する人もいれば結婚しない人もいる。結婚して子供をもつ人もいればもたない人もいる。中には離婚して独身に戻る人もいるし、家を買う人買わない人…それも生き方のひとつです。

 

 そんな人それぞれの生き方によってお金の変動ってどうなるでしょうか。たとえばどんなことが変わってくると思いますか?たとえば、結婚して子供が生まれた場合、教育費はどうする?とか、一生独身の人だと、亡くなった後の財産をどうする?とか、それぞれ考えられることってあるね。お金の面でいえば、老後の資金もそうだし、税金もありますね。

 

 でも、別にお金の話をするのにわざわざプランを立てる必要ってあるのか?突然何かが起こるかもしれないでしょう?予定が変わることもあるし…といった疑問も浮かびますね。確かに、何となく直接お金にどう関わるのか?って思う気持ちもわかります。では、結婚して子供が生まれた後、一般的に言われている一番お金がかかる時期ってどんな時期かご存知でしょうか?

 

 一般的には大学入学時って言われています。ただ、小学校受験などしたら金額は公立学校とはまったく違った金額が出てきますよね。教育のお金ってすっごくかかります。子供をつくるときに自分がどれくらいの資金力があるかってとっても大事な問題になってきます。それによって学資保険を組んだり、積み立てたりなど方法も様々になります。いちばんお金のいるときにどれほど確保できるかということが大事になります。それを理解して前もって準備できるようにするのがライプラン表、というわけなのです。

 

 そして、我々ファイナンシャルプランナーは一度作ったプランを定期的に見直すことで、お金の問題を解決していくこともしていきます。あんまりいい例ではありませんが、実際に誰かが亡くなったときに掛けていた保険が下りたとか相続が発生したとか、そういうことは突然起こりうることです。起こってしまったことを踏まえて修正していくものでもあるのです。

 

 現代社会、様々なライフスタイルを選択できるからこそ、それに合ったお金の使い方っていうのものがあります。残したい人、運用したい人、その人にとっていちばんいい方法を見つけられるようにお手伝いしていきたいです。

 

今回はライフプラン表についてお話ししてみました。次回は引き続きマネープランに必要なツールその②として、キャッシュフロー表についてお話ししてみたいと思います!ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です