マネープラン作成への道②

 

前回に引き続き、マネープラン作成についてお話ししていきたいと思います!

今回はキャッシュフロー表についてです。

 

キャッシュフロー表ってなんだ?

 

まずははキャッシュフロー表作成に必要なデータというものをチェックしてみたいと思います。さっそく基本になってくるデータをいくつかあげてみましょう!

 

家族構成

働き方・年収

日常生活費

居住費

教育費

 

本当はもっと細かく分かれる部分があるのですが、それはまた追々書いていこうと思います。ちょっとだけ詳細を書いてみます。

 

家族構成

 現代社会ではさまざまなライフスタイルがあります。たとえば「4人家族」とか「独身」とか、「パートナーと2人」とかいろいろですね。まずはそれぞれの構成を設定したらスタートです。

 

働き方と年収

働き方改革っていうのが話題になりました。人生100年時代といわれています。これから年収が上がるかな?とか転職するとか早期退職っていうこともあるかもしれません。年収はマネープランにはとっても重要な項目となります。

 

日常生活費

食費、日用品、通信費、光熱費などです、居住費とは別であるところがポイントになります。なぜ居住費は別になるかというと、ちょっと特別な扱いになります。額の大小っていうのもありますね。持ち家なのか賃貸かで変わってきます。ローンがあるなら返済方法はどうなっているのか?家賃は月額いくらで更新料はどうなっているのか?そういった部分をチェックします。また、持ち家か賃貸かでは税金も変わってきますね。

 

最後は教育費

お子さんがいるご家庭でチェックが必要になります。お子さんの年齢や進学先で金額が変わってくることは前回お話しした通りです。ピークは大学進学時と言われていますが、私立に進学するか公立に進学するか、もちろん塾や予備校の費用だって考えられます。家計の中ではとっても重要な項目になるのです。

 

それでも一部に過ぎない項目たち

 

実は、今回あげた項目は全部ではありません。年金や保険など他にも詳細な項目はありますが、大まかに現状把握と言う意味ではこのあたりがあげられるかなと思います。各ご家庭やご自身にとって必要な項目とそうでない項目があるでしょうから、そこを区別することからスタートしましょう。

 

そして、キャッシュフロー表をつくる際、家計簿があると便利です。私は家計簿については手帳に書き込むスタイルなのですが、レシートや領収書の処理の仕方についても記事を書いてみようかなと考えています。少し長くなってしまいました。ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です