ライフプラン作成への道 個人バランスシート編

 

 

今回は個人バランスシートについてお話ししたいと思います。

 

以前の記事、「ライフプランとは?」の記事の中で、個人バランスシートのことを「現在の財産状態を正確に把握するために資産・資本(純資産)・負債を表にしたもの」と言いました。今回は、この個人バランスシートについて詳しく見ていきたいと思います。

 

個人バランスシートとは

 

簿記を勉強されたことがある人はご存知かと思いますが、バランスシートとは「貸借対照表」のことをいいます。「資産」と「負債+資本(純資産)」がイコールになる関係を表に表したものです。

 

まず、「資産」とは将来お金を生み出すもののことをいいます。預金や債権、投資などがこれに当たります。現金だけではなく、物も資産になります。例えば、買ったときに比べて市場価格が上がっている物は売ったら儲けが出ますよね。そういう意味で、物も資産の一部になります。

 

次に、「負債」とは、将来お金を返さなければいけないもののことをいいます。たとえば、住宅や自動車ローン、借り入れがこれに当たります。

 

最後に、「資本(純資産)」です。これは負債と真逆のもので、返す必要のない純粋な自分のお金や物のことをいいます。この資本の部分は’本当の自分のお金’と言っていい部分です。つまり、自由に使えるお金を意味します。

 

この3つがまとめられた表を「貸借対照表」と呼びます。

 

本当は毎年作っておきたい『貸借対照表』

 

企業は毎年決算期に一年分の会計を締めて、貸借対照表と損益計算書をまとめた決算書を作成します。それは、企業のお金の流れを含めて決算の時点でどのようなお金の状況にあるのかを示す為であり、いわば健康診断表のようなものです。

 

そう考えてみると、個人の資産状況を把握する為にバランスシートを作成するのはとても意義のあることです。例えば、リーンを組んだり奨学金を受給するとき(返還しなければならないもの)に、本当に借りる必要があるのかどうかを判断する材料にもなります。現状の資本がどの程度あり、いざという時のために資産がどのくらいあるのかを把握する必要があります。

 

中には、資産運用されている方もおられるかもしれません。保険が掛け捨てか返戻されるものなのか、そういったものを一覧にして把握することは、ただ通帳の残高を確認することとは具体性と明確性が変わってきます。FP協会のホームページでは、バランスシート作成のツールがありますのでまずはご自身で試してみてはいかがでしょうか?

 

FP協会ホームページリンク→便利ツールで家計をチェック

 

この記事を書くまでに少々時間が空いてしまいました(⌒-⌒; )これから少しずつではありますが、もっと充実した記事を書けたらと思います!ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました!!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です